決済代行サービス比較 2024年版
本ページはプロモーションが含まれています
                   
大手決済代行会社
主要決済
クレジットカード決済
口座振替
コンビニ決済
キャリア決済
電子マネー
Paypal
微信支付 / 銀聯
その他
決済代行・決済端末 比較 2024年版
大手決済代行会社
主要決済機能

TOP(決済端末用のLP)

 

決済端末 「比較」

サービス名 / 概要 決済 費用 入金サイクル 連携サービス
  • [SALE] 決済端末が最大で8,000円OFF
    2024.6.28まで
    特典コード : SALE24

  • ①業界でも最速水準の入金サイクル。中小や開業間もない店舗には最適。

    ②POS等の周辺サービスが無料で利用出来るから、総合的に割安

    ③4種類の決済端末と5種類の決済方法から最適なものを選べる

28種類

クレジットカード

電子マネー

コード決済

月額費用 0円

振込手数料 0円

決済手数料 3.25%

※大規模事業者の手数料優遇有

最短 翌営業日
※全決済共通
以下、Squareアカウントで無料で利用可能

POS / 予約管理 /オンラインEC / スタッフ管理 / オンライン請求書 / お会計リンク / ギフトカード / 特典プログラム

  • 決済端末代金が(30,800円税込み→0円)、決済手数料がさらにオトクに

  • ハイスペックな決済端末 4Gを搭載し、場所を選ばず活躍する一台。インク不要のレシートプリンターも内蔵。

    30種類以上の決済 1台で主要な決済にはほぼ対応。

    持ち運びが出来る決済端末

30種類以上

クレジットカード

電子マネー

コード決済

月額費用 3,300円

振込手数料 0円

決済手数料 3.24%~

※医療・クリニック向けの特別利率あり

クレジット/電子マネー売上:末締め翌15日払い/15日締め当月末払いの2回

QRコード決済売上:当月末締め・翌月末払い

無料・有料のアプリをインストール可能
  • ①どのプランを選んでも決済端末が0円。

    ②2画面のプリンター内蔵のキャッシュレス決済端末(据え置きタイプ)

    ③決済手数料は2.7%~

30種類以上

クレジットカード

電子マネー

コード決済

月額費用
0円 /3,300円 / 9,900円
※プランによる振込手数料 0円

決済手数料
2.7%~3.25%
※プランと決済による

※医療・クリニック向けの特別利率あり

月 6 回締め 2 営業日後払い

月 2 回締め 2 営業日後払い

月 2 回締め 15 日後払い

※stera marketから別途オプションで連携しているサービスを追加可能

決済端末サービス一覧

0円から始められるキャッシュレス決済。ハイスペックの「決済端末」と業界最速の「入金サイクル」が魅力

総合 タイプ 決済の種類 導入しやすさ 決済手数料 決済端末 入金サイクル 対応OS
10 店舗 9 10 3.25%
※大規模事業者は別途見積
9.5 10 ios
Android
Squareとは

世界各国でサービス展開をするSquare。「決済端末」は他サービス比で一歩二歩リード。中小~大手までおすすめしたいサービス。決済はクレジットカード、電子マネー、タッチ決済(VISAタッチ決済等)、ApplePay、PayPayに対応。

ここがポイント

1. 決済端末なしで初期費用0円ではじめられる・・・Tap to Payリリースで、決済端末不要で簡単にはじめられる。月額費用や振込手数料なし

2. 高スペックでオシャレな決済端末・・・自社開発の3種類の決済端末を提供。どこかApple製品を彷彿させるデザイン性とハイスペック(決済スピードやバッテリー)は他とは一味違う。決済端末以外の周辺機器も充実し、組み合わせることが可能。一番人気のSquareリーダー(第2世代)はバッテリーの持続性(+20%)Bluetoothの接続性(最新の規格)が向上し、充電口はUSB-Cに変更。

3. 業界最速の “入金サイクル”・・・PayPayを含む全ての決済の入金が最短で翌営業日。

4. 業界最短水準の “導入スピード”・・・公式サイトから無料でアカウント開設。審査、決済端末購入後、最短即日で利用開始利用開始。

5. 充実した「無料」の周辺サービス・・・Squareアカウントで「モバイルPOS」、「ネットショップ」、「請求書決済」「従業員管理」、「オンラインページ」、「予約サービス」などが利用出来る

 

法人(大手) 法人(中小) 個人事業主
オフライン
店舗・飲食店
全事業者におすすめ
最新情報
1⃣ [期間限定SALE] Square の決済端末が最大¥8,000オフ
Squareリーダー   4,980円 → 3,980円 / Squareターミナル  39,980円 → 31,980円
期間:5月15日(水)〜6月28日(金)
条件:新規のお客様 / 特典コード:SALE242⃣ [新商品]  スマホでタッチ決済をリリース特におすすめの業種
小売店、飲食店、美容、イベント、中小事業者その他おすすめのキャッシュレス決済端末
<PR>スマレジ・PAYGATE

 

POSレジのスマレジが提供するPAYGATE製のマルチ決済端末

総合 タイプ 決済の種類 導入しやすさ 決済手数料 入金サイクル 決済端末
8.5 店舗 10 7.5 3.24%~ 7 9.5
スマレジ・PAYGATEとは

スマレジ・PAYGATEは、スマレジ社が提供するマルチ決済端末サービスです。決済端末は、その名の通りPAYGATEのマルチ決済端末になり、決済の種類や決済端末のスペックには定評があります。

決済手数料は、業界最安値水準からさらに引き下げ(キャンペーン)をし、医療・クリニック業界では特別な利率を提供。
入金サイクルは入金元(決済)で異なり、最速水準ではありません。(クレジット/電子マネー売上:末締め翌15日払い/15日締め当月末払いの2回、QRコード決済売上:当月末締め・翌月末払い)。

スマレジの注意点:1.入金サイクル 2.月額費用 3,000円と振込手数料がかかる

以上、スマレジ・PAYGATEは資金繰りに余裕がある中規模以上のビジネスに向いています。

 

ここがポイント

  • 約30種類の決済に対応
  • 操作性が高く、持ち運びできる高機能な決済端末(Android、プリンター、4Gを搭載)
  • モバイルPOSレジとのスマレジと連携
法人(大手) 法人(中小) 個人事業主
オフライン
店舗・飲食店等
おすすめ 対応
同時に検討したい決済端末
<PR>Square(スクエア)

<中規模~>初期コスト無料でマルチ決済端末を導入できる

総合 タイプ 決済の種類 導入しやすさ 決済手数料 入金サイクル 決済端末
8.5 店舗 10 7.5 3.24%~ 7 9
stera packとは

stera packは、SMBC GMO PAYMENT株式会社が提供するマルチ決済端末サービスです。決済端末は据え置き型の2画面があり、対応する決済の種類や決済端末のスペックには定評があります。プランは3つあります。

1. お試しプラン

~13ヵ月 :月額費0円 / VISAとMASTERの決済手数料が3.24%
14ヵ月~ :スタンダードプランに移行

2. スタンダードプラン
月額費3,300円 / VISAとMASTERの決済手数料が2.7%

3. POSプラン
POSレジアプリが組み込まれたプラン
月額費9,900円 / VISAとMASTERの決済手数料が2.7%

stera packの注意点:1.r決済端末は据え置きタイプ 2.月額費用 3,000円と振込手数料がかかる

以上、stera packは資金繰りに余裕がある中規模以上のビジネスに向いています。

ここがポイント

  • 約30種類の決済に対応
  • 操作性が高く、持ち運びできる高機能な決済端末(Android、プリンター、4Gを搭載)
  • モバイルPOSレジとのスマレジと連携
法人(大手) 法人(中小) 個人事業主
オフライン
店舗・飲食店等
おすすめ 対応
同時に検討したい決済端末
<PR>Square(スクエア)
  • ハイスペックでおしゃれな決済端末
  • 業界最速の入金サイクルと導入(審査)スピード
  • 月額費、初期費用なし。決済端末なしではじめられる
  • <PR>(無料)アカウント開設

CHECK!

・決済の種類
[Point] インバウンドやQRコード決済はどこまで必要か考える

クレジットカード、電子マネーに関しては差がございません。差が出るのは「インバウンド関連の決済(例:WeChatPay)」と「QRコード決済」になります。決済の種類が多いにこしたことはありませんが、「観光客の需要があるか」・「若年層が多く、単価が低いか」等を踏まえて「本当に必要か」は検討するべきです。同業種で導入しているかを参考にすることをおすすめします。

・決済端末
決済端末で確認したいのは、1.据え置き型か携帯型か 2.接続(4Gなど) 3.レシートプリンター内蔵か 4.ディスプレイがあるか です。特に1に関しては、事業とミスマッチするおそれがあります。その点では様々なビジネスのスタイルに適応出来るsquareは汎用性が高いです。

・費用
[Point]  費用は総合的に考える。大規模事業者や医療機関では決済手数料のディスカウントあり

費用で最初に目につくのは「決済手数料」です。それ自体は間違いではありませんが、結論としては費用は総合的に判断するのがポイントです。代表的な費用としては、「振込手数料」「月額費用」になります。開業間もない場合は、売上の点においてさ月額費用がかからないサービスが割安になります。また、一部の決済サービス(例:Square)では、モバイルPOS、予約管理やオンラインショップなどを無料で利用できます(費用は決済手数料のみ)。決済端末以外の費用がかからない為、総合的に割安になります。

・入金サイクル
[Point]  メインバンクの入金サイクルを確認。最短は金融機関と決済の種類によって異なる為、注意深く確認

入金サイクルは重要なポイントでもあり、サービス間で差が出ます。しばし登録金融機関によっても入金サイクルが変わります。ご自身のメインバンクの入金サイクルがどうかを確認してください。

 

選び方とおすすめ

結論ですが、事業者の優先度によって異なります。いくつかの例でご紹介します。

1
  • 費用が決め手になる場合

    ・中小  >>>> 総合的にSquareが割安
    ・大規模(決済手数料が重要になる)>>>>各社比較
2
  • 入金サイクル重視     >>>> Square
3
  • 多くの決済を導入したい   >>>> スマレジ・PAYGATEとstera pack
4
  • 持ち運びしたい   >>>> Square、スマレジ・PAYGATE
5
  • レジ周りや決済端末もデザイン重視     >>>> Square

運営会社  プライバシーポリシー

Copyright © 3分で分かる 決済代行サービス比較 2023年版 All rights reserved.